RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
宮崎被告の死刑確定へ
宮崎被告の死刑確定へ

東京都と埼玉県で1988−89年、幼い女の子4人が相次いで犠牲になった幼女連続誘拐殺人事件で誘拐、殺人、死体損壊など6つの罪に問われた元印刷業手伝い宮崎勤被告(43)の上告審判決で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は17日、1、2審の死刑判決を支持し、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。
 犯行時の被告に善悪を判断して行動する能力(刑事責任能力)があったかどうかが最大の争点だったが、最高裁は「極端な性格的偏り(人格障害)で精神障害ではない」と完全責任能力を認めた1、2審の判断を支持。「心神耗弱」との弁護側主張を退けた。
 幼い女児ばかりを標的に、遺骨や「今田勇子」名の犯行声明を送り付ける異様な手口で社会に衝撃を与えた事件から17年余り。1審東京地裁の初公判から16年に及ぶ裁判が終結する。
author:由美, category:-, 13:42
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 13:42
-, -, pookmark
Comment